« サンスター、米糖尿病センターと共同で教育プログラムを実施 | メイン | 「歯の銀行」広島大で稼動 一度抜いても冷凍保存、自分に移植 »

「歯の銀行」広島大で稼動 一度抜いても冷凍保存、自分に移植

親知らずの治療や歯列矯正で抜いた歯を凍結保存し、自分の将来の
治療用にする「歯の銀行」が広島大学病院で稼働している。
保存していた歯を移植すれば、入れ歯やインプラントと違い、
高い確率でかみ応えを味わえるのが最大の特長という。
各地の歯科医院と協力し、抜歯や移植が患者の地元でできる態勢も整ってきた。

▼鍵は歯根膜
このシステムは同大学発のベンチャー企業「スリーブラケッツ」
の事業として2004年に始まった。
ことし6月末時点で約1600本の歯を預かり、
持ち主に移植された歯は約100本という。
移植できるのは本人の歯に限られる。

1度抜いた歯を移植しても、かみ応えが戻るのはなぜか。
鍵を握るのは歯の周囲に存在する「歯根膜」という組織だ。

「歯根膜には血管や神経がたくさんあり、歯の感覚や刺激を
脳に伝えるセンサーの役割を果たしている。
ほかにも、歯と、その外側の歯槽(しそう)骨との間の
“クッション”などさまざまな機能がある。
自分の歯を移植する意味は、歯根膜があるからだとも言える」。
こう話すのは、同社取締役の河田俊嗣広島大病院講師。

抜いた歯を必要な部分に移す治療に「即時自家歯牙移植」
と呼ばれるものがあり、一部の歯では健康保険も使える。
だがこの場合は抜いた直後の移植が必要。
「歯根膜は乾燥すると多くが死滅してしまう」と河田講師。
歯の銀行は、歯根膜の機能を損なわずに長期保存できる技術を確立した。

▼細胞膜の破壊防ぐ
歯を保存する仕組みはこうだ。
申し込みをすると、同社は居住地などを考慮して
全国約150カ所の協力歯科を紹介。
診察や血液検査などで保存・移植が可能かを判断したうえで抜歯する。
糖尿病や肝臓、血液の病気、重い歯周病などの人は
利用できない場合があるという。

使える歯は、比較的状態の良い親知らずか、小臼歯(きゅうし)で、
乳歯や過去に抜いた歯は対象外。
親知らずは奥歯に、小臼歯は下の前歯以外なら移植できる。

抜歯した歯はすぐに特殊な保存液に入れ、低温状態で広島大病院に搬送。
同大がメーカーと共同開発した装置で、約40分かけてマイナス30度まで冷やす。
「微弱な磁場のもとで凍結することで、細胞内の水分子が結晶化して
細胞膜を破壊するのが防げる」(河田講師)という。

長期保存の温度はマイナス150度前後。
期間は保険などの関係で最長20年だが、
それ以上も相談に応じることにしている。

▼90%で再生
利用者が虫歯などの病気や事故で歯を失った場合、
保存していた歯が移植担当の歯科医に送られ移植が行われる。
その後、CT検査などで歯や歯根膜を確認する。
これまでの約100本で歯根膜が再生されたのは約90%だという。

「抜歯時の歯根膜損傷はある程度避けられないが、損傷が大きいと
歯と歯槽骨が癒着し、長い間に歯の根の部分が短くなるなどする。
10年以内に歯が抜けることは通常ないが、この点は理解した上で
利用してほしい」と河田講師。

抜歯や移植は協力歯科以外に広島大病院でも可能。
システム利用に医療保険は使えず、歯の検査や保存、輸送で
歯1本あたり広島県外の場合で約13万円、県内で約10万円。
このほかに血液検査や抜歯、移植の費用が必要という。
協力歯科医などは同社のホームページ( http://www.teethbank.jp/ )で。


About

2008年08月01日 22:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サンスター、米糖尿病センターと共同で教育プログラムを実施」です。

次の投稿は「「歯の銀行」広島大で稼動 一度抜いても冷凍保存、自分に移植」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。